生きてて良かったって感じる時間ってどんな?

この前 ともだちとそんな話をした。

ものすごく美しい空にはっとしたときとか。
お日様にあたためられた背中をぽかぽか感じているときとか。

そうだね そうだね と話しながら、

わたしは お結びをむすぶ朝 ひとり起きてきて、そっとお米を洗う時間を思った。それから お米を水に浸す間 シンクの縁に肘をついて 耳をそばだてる。すると お米が喋る。ぱちぱちと。お米が水を吸う音。

それから、よく研いだ包丁で すっと切った野菜の断面にどきりとする時のことも思った。今まで静かに空気に触れずに過ごしてきたのが一気に酸素に触れて初めて色が付いたかのような。わたしは、目だけになってしまって、ただ 見る。

ずっとこうしていたいと思う時間。
もちろん ずっとは こうしちゃいられないのだけどさ。
生きてて良かったって感じるためにも さぁ今日も生きなきゃ✳︎



\この記事書きました/今日子


--------------------
このブログは「酵素玄米のお店 光の種」のゆかいな仲間たちが発信するブログです。

更新情報を受け取りたい方は、フェイスブックページにいいね!をしてください!



ツイッターもやってます。




インスタグラムもやってます。@oyatsusakka

--------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ スローフードへ
にほんブログ村