野菜を切って、重ねて煮るだけ。「重ね煮」という調理法をご存知ですか?
image
つくり方は簡単です。土鍋の底に、塩をパラパラと軽くふります。食材を切っては、きのこ、玉ねぎ、にんじんの順番で、平らに重ねていきます。最後にまた、塩をパラパラふって準備完了です。あとは、ごくごく弱火にかけるだけ。このとき水は加えません。野菜から出る水分でじっくりと煮ていきます。

しばらくすると、土鍋から香りが立ってきます。不思議なのが、玉ねぎの香りがするな、にんじんの香りがするなというように、時間とともに変化していくこと。どの層まで火が入ってきたのかがわかります。さらにじっくり煮込んでいきます。すると、玉ねぎだけでも、にんじんだけでもない、食材全部が仲良くなったような、なんともいえないいい香りがしてきます。これが、おいしくできましたよーの合図です。

種では、おかずにおみそ汁に、重ね煮お野菜が大活躍しています。
12190828_967340219971537_8998838979339836227_n
「重ね煮とほうれん草のごま醤油和え」
用意していおいた重ね煮と茹でたほうれん草を、ごま醤油で和えました。
重ね煮を加えると、味わいがまろやかに深まります。
12193686_966573713381521_3673207460431098451_n
「重ね煮とはくさいのクリーム煮」
白菜もいっしょに重ね煮しました。きのこ、白菜、玉ねぎ、にんじんの順番です。生クリームなどはつかわず、小麦粉、米油、みそ、はちみつ、豆乳で味付けしました。こっくりトロトロ、いまの季節にうれしいおいしさです。
12208813_967744436597782_1741590942746625209_n
「押し麦と彩り野菜のミネストローネ」
ズッキーニとカラーピーマンをいっしょに重ね煮しました。きのこ、カラーピーマン、ズッキーニ、玉ねぎ、にんじんの順番です。ズッキーニからでた水分とエキスでコトコト煮込まれたミネストローネは、野菜の旨みがぎゅっとつまっています。重ね煮は、おかずだけでなく、スープやポタージュにもぴったりです。

お休みの日に重ね煮をつくっておくと、仕事で忙しい毎日でも、お野菜たっぷり食べられます。
こちらのサイトでもくわしく紹介されてますので、ぜひご参考になさってください。
キナリノ「重ねて煮るだけ!野菜本来の旨みを引き出す”重ね煮”がとっても便利♪」



\この記事書きました/あやの

--------------------
このブログは「酵素玄米のお店 光の種」のゆかいな仲間たちが発信するブログです。

更新情報を受け取りたい方は、フェイスブックページにいいね!をしてください!



ツイッターもやってます。




インスタグラムもやってます。@oyatsusakka

--------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ スローフードへ
にほんブログ村