母はもう還暦過ぎだけれど、アルバイトをしている。ちょっと不自由のある方たちが利用している施設が近所にあって、そこでお掃除したり食事を用意したりと、母は気ままに続けられて気にいっているそう。

先日の食事当番の時、
スタッフの誰かがカットした野菜がどーんと用意されていて、これと豚挽き肉で 適当に炒め物を作ってください。とのこと。
母曰く ぜったい自分だったら合わせない野菜の組み合わせ!と。それに、どう炒めようかのイメージがあって 野菜に包丁をいれるわたしは、母はさぞやり辛かったろうなぁ と思った。

中華鍋を用意して さて 取り掛かるか。と思ったら、
「挽き肉からたくさん脂が出るから 油はしかなくていいよ!」と 通りすがりのスタッフが一言。
知っているけどなぁ。
素直に はぁい。と母。
炒めていたら、
「豚は臭いから、生姜をいれるといいのよ!」とまた別の通りすがりのスタッフが言いながら、冷蔵庫から取り出したチューブ入りの生姜を母に構わずニュッと入れた。
えー、チューブの生姜はニセモノっぽいから好きじゃないのに と思いつつも、はぁい ありがと、と母。

後は野菜をいれて 塩と胡椒で味付けしただけ。

それで完成。

けど、これが大好評で。
「白倉さんってお料理上手なのねぇ」って利用者さんやスタッフみんなに褒められたんだそう。

自分は木ベラで混ぜながら ぽんぽんやって来るもの拒まずに はいはーいって お鍋の中にどんどん受け入れていっただけで、あらま、美味しくなっちゃったー。 わたしの料理はこうこうこうしなきゃ!っているより よっぽど 軽やかで 良かったの。と嬉しそうに話してくれた。

わたしの人生にも言えて、握りしめてた手を解いて 自由に受け入れたらば 想像もしてなかったようなことか案外 軽やかな雰囲気でやって来そうだな、、、と母の野菜炒めのはなしを聞きながら思った。


この記事を書いたひと:白倉今日子


--------------------
このブログは「酵素玄米のお店 光の種」のゆかいな仲間たちが発信するブログです。

更新情報を受け取りたい方は、フェイスブックページにいいね!をしてください!



ツイッターもやってます。




インスタグラムもやってます。@oyatsusakka

--------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ スローフードへ
にほんブログ村