先日行われた洞ヶ島ナイトバザール
主催者・関係者の方々
来てくださったみなさま
本当にありがとうございました。

そして何より光の種のスタッフ
NPOスタッフ、オーナーの玉城さんそのさん
局長、鎌倉さん………
たくさんの人の協力により
できたイベント出店でした。

改めて1人で出来ないことだと感じて
いつものわたしのパターンによると
力不足だと落ち込むようになってたんですけど
今回はそれを不甲斐なく感じるわけでもなくて
むしろ1人で出来なくていいんだ。
そう気づいちゃったんですね。
今更かと言われるかもしれませんが。




洞ヶ島の感想は??



と聞かれると

未だに自分の中でも言葉にできない感情が
たくさんあってすごく、すごく難しい
いくら言葉を選んでも
まだわたしにとってそれにぴったりな
言葉が見当たらない。

ので、とりあえずわかりやすく
嬉しかったことといえば


たくさんマフィンが焼けたこと。




究極にシンプルな答えはきっとそれだけ



好きなことだから疲れないんです◎



って言いたいけど

ふつうに疲れます。

息をするのも忘れる位
集中する場面があります。




けど、焼き上がった姿はもう愛しくって
たまらないです。


その姿を見ると緊張した糸が
ぷつって切れます

綺麗に焼けてくれてありがとうって
本気で思えます




カフェ営業と同時進行で焼き上げること
それは私だけの作業ではなく
みんながカフェの仕事をやってくれてるからこそ
できることで
だからこそ内心すっっごいプレッシャーで
焦がしたらどうしようとか
何か入れ忘れてないかとか
膨らまなかったらとか

そんな不安がいっぱいでした。


しかもわたしのわがままで
当日ぎりぎりまで焼きたい。
おいしいものをおいしいときに食べてほしい。



だからすごく綺麗に焼き上がった姿見て
ちょびっと泣きそうになりました。


100個近く作って1個のロスもない




これってすごいことだと思うんです

作る段階で例えば焦がしてしまう、
生地が溢れすぎてしまう、
出来上がったあとでも、
落としたり、何かとぶつけてへこんだり
たくさん作れば作るほど
そういうことってよくあるんですよね。



だからほんとにみんなの想いが
ちゃーんとマフィンに届いてるんだなあ
と思うと、更に愛おしくって。










なんかマフィンの話
ばっかりになってしまったんですが
キリがないので終わりにします………

後は写真で………
(ブログが下手ですみません!)





ベジミートのチャパティラップ



チャパティラップ×玉城さん



これ使っていいのかな…
でも嬉しかったから使わせて下さい
マフィン×ぴーすけさん


洞ヶ島ナイトバザール×光の種






この記事を書いたひと:田村まい

--------------------
このブログは「酵素玄米のお店 光の種」とNPO法人「輝くいのち」のスタッフを中心に、ゆかいな仲間たちが発信するブログです。